温泉地でもピンクコンパニオンを呼んでもらえる?

ピンクコンパニオンを旅館に呼べるかどうかは対応が分かれる。OKのところは個室まで用意している可能性も。しかし最近では予約も取りづらい。

温泉地でもピンクコンパニオンを呼んでもらえる?

温泉地で宴会したらピンクコンパニオンを呼びたくなるのは仕方のない衝動。

でも旅館によってOKのところもNGのところもあります。

注意深く下調べしましょう。

■温泉地や旅館で対応はマチマチ。

あらかじめ予約は必要になりますが、旅館によってピンクコンパニオンの女の子を呼ぶことは可能です。

ただし露天風呂での混浴を禁止しているところもあります。

過去に浴場でのドンチャン騒ぎがあって、他の宿泊客から苦情が出たりした経験がある旅館は、ピンクコンパニオンの派遣はOKでも、けっこう禁止事項が多いです。

事前にネット検索するか、旅館に問い合せしておくとその度合いがわかります。

【気になるニュース】銭湯は明治20年まで混浴だった!(ニッポン放送) - Yahoo!ニュース

■もしかして個室の用意もあったりとか!

ピンクコンパニオンの派遣がOKの旅館は、地元の風俗派遣の会社と提携を結んでいるところです。

派遣会社は表向きは性行為禁止と言っていても、現地でコンパニオンの女の子が勝手にやってしまう分には仕方がないという体裁をとっています。

そのため、旅館側との申し合わせで、事前に別室(個室)を用意しているケースも。

宴会の席でピンクコンパニオンの女の子がどんな囁きをするか、それも楽しみの1つです。

■温泉地の旅館も客寄せに必死です。

しかし最近ではインバウンド客で予約が埋まってしまうことも。

予約はお早めに。

日本通の外国人観光客が増えたせいで、地方の温泉地もエリアによっては予約が取りづらいところがあります。

そういう旅館は、手のひらを返したようにピンクコンパニオンお断りの看板を掲げるところさえあります。

常連であればまだOKの可能性はありますが、一見客は締め出しを食らうことも。

気をつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加