セクシーコンパニオンとピンクコンパニオンの違いって何?

風俗嬢の呼び名にはセクシーやピンクコンパニオンなどいろいろだが、サービスの中身は同じ。目くじらを立てるより遊び上手に徹したほうが得策。

セクシーコンパニオンとピンクコンパニオンの違いって何?

風俗嬢の名称には、セクシーだとかピンクコンパニオンだとかいろいろあります。

しかしサービスの度合いはどれも同じ。

遊び上手に徹して好感度を高めましょう。

■欲情をそそられる名前でもサービスは同じ。

セクシーコンパニオンとかスーパーコンパニオンという呼び名からすると、特上ムンムンの色気があるように思えますが、サービスの中身はピンクコンパニオンと同じです。

呼び方が違うだけなので過剰な期待はしないほうがいいです。

一部の派遣会社では、呼び名を特別感のあるものに換えて値段をあげているところもあります。

しかしそれでサービスが濃厚になったり激アツになったりするかというと、そんなことはまずありません。

■上手な遊び方でその場を楽しく過ごすこと。

セクシーと名前が付いてもスーパーやピンクコンパニオンと名前が付いていても、呼び名につられず、普通に接して楽しく遊びましょう。

中にはシースルーコンパニオンという呼び名もあって、実際に宴会場に入るとスケスケのエロい服に着替えてくれる女の子もいます。

でもサービスはピンクコンパニオンと大差ありません。

上手な遊び方としては、「性風俗とはこんなもの」と割り切って過度な期待を捨てることです。

■楽しく遊んでいればコンパニオンだって気持ちよく居られるし、お酒の酔いも心地よく~。

“サービス濃厚”の期待も高まります。

プロとは言えピンクコンパニオンだって1人の感情のある女性ですから、楽しく気持ちよく過ごせる男性となら、心を許す範囲も大きくなるはず。

“同じ金を払うのだから”とイジマシイ正体をあらわにしてしまうような接し方より“可能性”はグッと広がるもの。

オトナの対応で好感度を高めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加